星占い事典|牡羊座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

牡羊座が婚期を逃すとき

人生冒険しすぎた

若い頃から恋愛に興味をもってそれなりに交際をしてきたならば、どこかの時点で結婚を決めていた可能性もあるでしょう。

 

ですが、恋愛はしてきたものの、それ以上に楽しいことがあって、あまりアクティブに活動していると結婚が眼中になくなってしまうこともあります。

 

結婚するということは責任が発生するということでもあるので、それを無意識もしくは意識的に回避していた部分もあるかもしれません。

 

年齢を重ねても、どうしても落ち着く気になれず、そのまま独身をつらぬきとおす人もいるでしょう。

 

ただ牡羊座の場合は、適齢期だからといって無理に結婚をするよりも、ひたすら自由に、自分らしく生きているほうが幸せという場合もあります。

 

婚期をのがしたと考えるよりも、ハッピーな晩婚めざして今からチャレンジ!とポジティブに考えるとよいかもしれません。




どうしても決められない

性的なエネルギーに引き付けられやすいこともあり、若い頃には異性関係が華やかなこともあるようです。

 

さまざまなことを体験して、激しいエネルギーを燃焼させて、そうやって心身ともに落ち着いてから結婚するのがベストなのでしょう。

 

ですが中には、恋愛ゲームにはまりすぎていつまでたっても抜け出せない人もいるようです。

 

ドキドキ感やスリルのある恋愛でなければ満足できなくなってしまい、結婚して落ち着き安定した生活を送るというのが退屈にしか思えなくなるのでしょう。

 

一般的には、恋愛の延長線上に結婚があるものですが、じつは「恋すること」と「結婚」はまったく異質のもの。

 

不器用な牡羊座は恋愛から結婚への切り替えがうまくできないことがあるようです。 




失敗はくりかえさない

どちらかというと恋愛体験が多い牡羊座ですが、必ずしも恋愛上手とはいえません。

 

優しい愛のエネルギーと牡羊座の激しい性質はなかなか交ざり合わせるのが難しく、どうしてもぎこちなさが出やすいのです。

 

そのため恋愛に慣れていない若い頃にはいくつもの失敗をくりかえしたりもするでしょう。

 

精神的にはタフな牡羊座も、愛情問題になるとデリケート。

 

数々の恋愛による心の傷が深すぎると、結婚そのものを避けて通ろうとする可能性があります。

 

結婚が怖いからというより「自分は結婚に向いていない人間なんだ・・・」と思い込んでしまったからかもしれません。

 

失敗は繰り返さないようにしようと思っているうちに婚期をのがしてしまうこともありえます。 




PAGETOP
Copyright © 牡羊座の運勢 ~ Aries ~ All Rights Reserved.
error: Content is protected !!