星占い事典|牡羊座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

牡羊座ののぞむ人間関係

率直に語り合える

ウソや偽善がきらいな牡羊座は、ストレートな物言いをする傾向にあります。

 

はっきりと発言してしまうがために、場合によっては敵を作ってしまうこともあり、人間関係に難しさを感じることもあるでしょう。

 

そんな牡羊座は、自分の意見をジャッジせずに、そのままを受け止めて欲しいと願っていますし、自分もそういう人でありたいと考えてます。

 

もし意見の対立があったとしても、それを感情的な問題にすることは好みません。

 

お互いがそれぞれの違いを楽しめるような自立した関係が理想なのです。

 

相手にへつらったり、依存したりせず、個人として率直に語り合える関係であることを望んでいます。




プラスになる関係

明るく前向きな牡羊座は、過去のことを振り返ってばかりいるタイプの人が好きではありません。

 

たとえ過去に失敗や間違いをおかしていたとしても、それをバネにして進んでいこうとするような頑張る人が好きなのです。

 

そのため自然とネガティブ思考の人とは付き合うことは避けて、自分にとってプラスになるような人とだけ付き合いたいと考えます。

 

暗い考え方をする人は、自分とは波長が合わないため居心地もよくないのでしょう。

 

自分にとってプラスになる人というのは、物理的なことではなく、精神的に楽しい気分にしてくれるようなポジティブな人のこと。

 

いっしょにいることで良い気分になれたならそれ以上はとくに求めません。




個人対個人

さまざまな種類の人間関係があるものですが、組織や肩書きや背景などとは関係のないところで、個人対個人の関係を築いていきたいと感じています。

 

なるべく利害関係がからまない誠実な関係でいたいのです。

 

たとえ社会的立場が違ったとしても、お互いに気が合ったなら垣根をこえて友人になろうとするのが牡羊座。

 

社会的制限や常識などはあっさり無視してしまいます。

 

楽しければ一緒にいるし、そうでなくなったならムリをして付き合わない。

 

自立した個人としてお互いを認めつつ、切磋琢磨しあいながら一緒に成長していきたいと考えます。

 

自分をしっかり持っていない人とお付き合いをつづけるのは、牡羊座にとっては退屈なのです。




PAGETOP
Copyright © 牡羊座の運勢 ~ Aries ~ All Rights Reserved.
error: Content is protected !!